Nefer ネフェール For Your Beauty

フリーダイアル

  • はじめての方へ
お買上げ合計7,000円(税別)以上の場合、送料無料サービス
7,000円(税別)未満の場合、送料は540円

サロンメニュー Salon Menu
ベースメイクのワンポイント・アドバイスベースメイクのワンポイント・アドバイス

メイクは、1日中キレイにキープできるのが理想です。
そんなメイクに仕上げるには、「ちょっとしたテクニック」と「化粧品アイテムの選び方」にコツがあります。
ここでは、まずメイクでもっとも重要なポイントである、ベース作りについてご紹介します。

ベースメイクアップのフルコース

STEP1 メイク下地

テクニックのポイント

肌色を整え、ファンデーションのつきやもちを良くし、ピタッとムラなく仕上げるために使います。
必ず使わなくてはならないモノではないですが、春から夏にかけては紫外線カットのためにも塗った方が良いでしょう。

ありがちなミステク

  1. 量は少なすぎても多すぎてもダメ。(多すぎると化粧崩れの原因になることがある)
  2. 眉毛や髪の生え際のあたりには、塗らないこと。ファンデーションが固まってついたり、眉がよれてムラになる。(これは下地クリームに限らず、スキンケアの乳液、ジェル、美容液でも同じこと)

おすすめコスメ

conomi デイリーサンスクリーン
\3,000(税込\3,150)

ネフェール サンスクリーンクリームベタつかずサッパリとした感触なので、メイク下地に最適です。
紫外線吸収剤不使用、肌にやさしいナチュラル成分で、SPF25/PA++。肌色のクリームです。

 

UVプロテクター
\3,600(税込\3,780)

UVプロテクターオイリーなしっとりタイプのUVクリームです。肌にやさしく、ゴットボールの働きで紫外線を反射し、SPF36/PA++。白色タイプのクリームです。

 
 
STEP2 コンシーラー

テクニックのポイント

目の下のクマ、シミ、頬の赤みをカバーする、美肌づくりの基本です。この段階できれいにカバーしておけば、ファンデーションを楽に早く仕上げることができますよ。

つけ方の注意点

  1. 指の腹かスポンジでたたくようにしてつけます。つけた範囲の輪郭をぼかし、境目がはっきりしないようになじませましょう。
  2. 油分の多いコンシーラーを使ったり、つけ過ぎたりすると、厚化粧に見えたり、目の下などは小じわによれるので注意。

おすすめコスメ

アリベオーネ コンシーラー
\3,800 (税込\3,990)

アリベオーネ コンシーラー無添加のこだわりコンシーラー。色みも成分もつけ心地もとってもナチュラルなのに、カバーリング効果は抜群!簡単にキレイに仕上がるスグレモノです。  

STEP3 ファンデーション

テクニックのポイント

パウダーファンデーションは手軽で、簡単にキレイに仕上がるけれど、もちが悪くすぐに素肌があらわになってしまうのが難点。1日中美肌をキープするなら、やっぱりリキッドタイプがオススメです。クリームタイプはカバー力には優れていますがナチュラル感に欠け、油分が多いので肌に負担がかかるかも。ナチュラル感と肌へのやさしさなら水性タイプが最良です。

塗り方のポイント

  1. 色・・・顔と首の色は異なるので、首の色に合わせて選ぶ。午後になると皮脂が酸化してくすんでくるので、やや白めにした方が良い。
  2. 量の配分・・・顔全体をベタ塗りはNG。量を変化させると、立体感とナチュラル感が出る。頬は多めに、頬以外は薄めに塗って、顔の輪郭部分は外側へ向かってよくぼかすと自然に仕上がる。
  3. スポンジ・・・指で塗ってもいいけれど、スポンジを使った方が早く簡単にキレイに仕上げられる。量を調節しやすいのも利点。平べったいスポンジでなく、厚みのあるホームベース型のものがオススメ。面でたたくようにつけるとしっかりとカバーでき、他の面でぼかしたりなじませたりできるのでとっても便利!

おすすめコスメ

ナティア ウォーターファンデーション(水性)
\3,500(税込\3,675)

ナティア ウォーターファンデーション(水性)抜群の透明感と崩れにくさで人気ナンバー1のファンデーション。水性なので肌への負担がなくナチュラルに肌をキレイに見せます。

 

五角スポンジ(4ヶ入)
\500(税込\525)

五角スポンジ(4ヶ入)ベース作りに最適な角型スポンジ。広い面全体で軽くたたき込む様に使い、底面でぼかすと、簡単にキレイに仕上がります。

 
 
STEP4 フェイスパウダー

テクニックのポイント

化粧崩れを防ぐのに重要なステップ。ここで量とのせ方をきちんとしておくと、ベースのもちが全然違ってきますよ。また、アイシャドーやチークが濃くついたりムラになったりしないためにも、サラサラになるまでつけましょう。

のせ方のコツ

  1. パフ・・・ブラシでつけると肌表面に粉がふんわりとのっているだけなので、すぐにテカって崩れてくる。パフでしっかりと強く細かく押さえるのがポイント。 また、パフは2枚使うと便利。左手の平にパフを置き、そこにパウダーをつけたもう一方のパフをもみ込んで使えば、つけすぎ防止になって上手に量の調節もでき、手も汚れない。
  2. 量・・・けっこうたっぷり使うこと。パフにファンデーションの色がついているのはパウダーが足りない証拠。せっかくカバーしたのを取っているようなもの。
  3. タッチの強さ・・・軽くのせるだけではダメ。ファンデーションに粉を吸収させて固定することで、崩れにくくなる。こすらず肌に押さえ込むように強く細かく、がポイント。

※但し、下まぶたや目尻など、乾燥や小じわが気になる部分には、あまりのせないようにしましょうね!

おすすめコスメ

ネフェール シルクパウダー
\4,300(税込\4,515)

ネフェール シルクパウダー野生の天然シルク100%のパウダー。化粧崩れを防ぐ効果大!
おまけに、乾燥・吹き出物の悩みも解消もしてくれます。
フェイスパウダーや下地クリームの後や、スキンケアにも使えます。

 

このページのトップへ

 
株式会社ネフェール
サロン/自由が丘駅より徒歩5分
フリーダイアル フリーダイアル 0120−108−202
10:00〜18:00頃 定休日/火・日・祝日
Copyright © Nefer All Rights Reserved.